冬も春も着れる万能アイテム

秋や冬など寒い季節は勿論、春になっても重宝するアイテムの一つが、シャツワンピースです。中でも、ベージュやアイボリーなど春でも似合う色であれば、季節を気にせず着ることができます。
シャツワンピースのメリットは、様々な着こなしができることです。冬場であれば上にカーディガンを羽織ることで、防寒性をアップさせることができます。薄手のカーディガンであれば、その上にアウターを羽織ることも可能です。

それに対し、春先であれば1枚でワンピースのような着こなしをすることもできれば、シャツワンピースを上から羽織るという着こなしもできるなど、様々な形のコーディネートを楽しめます。
そのため、季節を問わず楽しめる万能アイテムを持っておきたい場合は、シャツワンピースの入手を検討してみると良いでしょう。
そんなシャツワンピースのもう一つの魅力が、足元のお洒落も楽しめることです。寒い時は、ボトムスやブーツを活用すれば暖かいファッションに仕上げることができます。
春先になり暖かくなってきたら、レギンスなどに変えることで体感温度や見た目を大きく変えることも可能です。
シャツワンピースは袖まくりなどもしやすく、気温の変化が激しい春先でも活躍をしてくれる一枚となるでしょう。

ぽっちゃりさんの淡色コーデ

淡いカラーはフェミニンさをアピールするのにぴったりのアイテムになります。でも淡色は膨張色でもあるので着こなし方によっては、ぽっちゃりさんがさらに太って見えてしまう危険性もはらんでいます。
ということは、ぽっちゃり女性は淡色コーデを楽しむことができないのかといえば決してそういうことはありません。
いくつかのポイントを押さえておけば、ぽっちゃりさんでもすっきりとした淡色コーデを楽しむことができます。

たとえばトップスにセーターやブラウス、シャツといったアイテムに淡色を持ってくる場合、首の詰まったデザインはNGです。おすすめのデザインはVネックのもの。Vネックの開きがあることで首までが詰まって見えず淡色の膨張感が出てきにくくスッキリとした着こなしになります。
Vネックの部分に視線がいくため全体的な淡色のふくらみが目立たなくなるというわけです。続いて淡色のボトムス選びですが、これは結構難しいです。
淡色のワイドパンツなどとても流行っていますが、下半身を確実に膨らませてしまうので避ける方が無難です。
淡色のボトムスなら引き締まった感じになるスリムパンツやストレートのパンツを選ぶようにしましょう。
トップスとボトムスで淡色の濃淡のグラデーションのアクセントをつければ、ぽっちゃりさんでも存分に淡色コーデでおしゃれを楽しむことができます。

色別のシャツワンピースコーデ

大人女子向けの色別シャツワンピースコーデには、以下のような物があります。

「ブラックのスタンドカラーシャツワンピース×ブラックのレースアップシューズ」。ブラックのシャツワンピースとブラックのレースアップシューズを合わせると、シンプルな感じのコーデになります。
シャツワンピースをスタンドカラーの物にすることで、シンプルながらもこだわりを見せることができ、そこにレースアップシューズを合わせることで、きっちりした感じを出すことができます。

「オフホワイトのシャツワンピース×茶色のブーツ」。オフホワイトのシャツワンピースと茶色のブーツを合わせると、ノンストレスな感じのコーデになります。白は優しい感じを与える色ですが、オフホワイトにすることで30代や40代でも違和感のない着こなしに見せることができます。

「茶色のコーデュロイシャツワンピース×ブラックのタートルネックニット」。茶色のシャツワンピースとブラックのタートルネックニットを合わせると、こなれた感じのコーデになります。茶色は秋冬に合う色ですが、コーデュロイの物を選ぶことで上質な印象を与えられます。

そして、インナーにブラックのタートルネックニットを合わせることで、クラシカルな雰囲気を加味することができます。

こだわりマフラーで綺麗めコーデ!

冬を乗り切るあったかアイテムとしてマフラーは毎年大活躍しますよね。今年はそんなマフラーにこだわってみませんか。そうすることで冬のコーデがぐっと魅力的に仕上がります。
しかしマフラーにはいろんな素材、柄、色がありどれにしようか迷ってしまうのはよくあることです。さらに柄や色によっては幼く見えたり、学生のようになってしまいがちです。そこで大人女性におすすめの綺麗めコーデが仕上がるマフラー選びのポイントを紹介したいと思います。

一番のポイントはシンプルなものを選ぶということです。色はベージュやモノトーンを基調に、柄は無地なものが好ましいです。その代わりに素材を毛並みのいいウールや手触りの良いシルクにすることで上品さがアップし、綺麗めのコートとの相性もさらに良くなるでしょう。
さらにブランドのロゴなどのワンポイントはシンプルなマフラーに映え、他の人との差別化を図ることもできます。また憧れのブランドもマフラーであれば比較的手ごろな値段から購入することができるのためこれを機に気になるブランドに挑戦してみてもいいかもしれません。
自分のこだわりのマフラーを手に入れ冬の綺麗めコーデをアップデートしてみませんか。

フェイクレイヤードを楽しもう!

フェイクレイヤードとは、重ね着風に見えるファッションアイテムのことで、トップスの裾回りや袖口、首回りにもう一枚生地を取りつけることでパッと見は重ね着しているように見えます。
忙しい朝に重ね着のアイテムを選んでいる暇なんてない!そんなひとでも手軽に重ね着スタイルを楽しめます。また組み合わせに自信がないひとでも、初めから重ね着風になっているので失敗がありません。
いつも同じコーディネートになってしまう、朝の忙しい時間帯に組み合わせを選んでいる暇がない…、そんな場合でもあっという間に重ね着スタイルが完成します。選ぶアイテムにもよりますが、首回りや袖口などにちょこっと生地がのぞいているさりげないスタイルなら、あなたもオシャレ上級者に見られることでしょう。
もちろんトップスだけではなくボトムスにもフェイクレイヤードは存在します。ズボンやスカートの裾からちらりと見せる存在感はまさしくレイヤードです。また重ね着スタイルが難しいと感じる原因のひとつに、サブのアイテムをどれだけ見せるかという点があります。見えすぎてもバランスが悪いですし、見えなさすぎると重ね着の意味がありません。その点ではフェイクレイヤードは重ね部分が固定されているため、バランスに迷う必要もありません。
手軽にオシャレを楽しめるフェイクレイヤードは忙しい大人女性にこそおすすめしたいアイテムです。

40代向けの避けたい冬のコーデ

ファッションは難しいですよね。年齢によって、「年相応ではない」と言われたり、若作りしていると非難されたりと、苦労している方は沢山いるのではないでしょうか。

ファッションは、基本的には自由です。その人の価値観、人生観がすべて現れます。ですが、あまり露骨に幼いファッションをしていると、あなたの価値観もまだ幼いのかと、思われてしまいます。
特に冬のファッションは、難易度が高いです。そこで、40代の大人女性が避けたい、冬の重ね着コーデについて紹介していきます。

ファッションで絶対的に、守らなければならないルールは、ズバリ「清楚感」です。たとえ高いブランドの服を着ていても、しわしわでホコリだらけだと、その服の価値だけでなく、あなたの価値も下がってしまいます。
また、毛玉にも注意が必要です。毛玉だらけのニットはダサいというか、野暮ったく見られます。
子どもっぽいカジュアルコーディネート:サイズフリーの服、ウエストゴムのパンツ、フラットな靴等です。機能性を重視する方であればいいのですが、基本的に男性には、受けが悪いです。
ダークカラーで統一する:冬になるとダークな色合いのコートを選ぶ方がいます。ですが、男受けの面ではあまりよくありません。白やパステルカラーの上品なコートは、男受けはいいです。ですが、女性からは「おばさんなのに、あんな恰好をして」といわれれる可能性もあります。
サイズ感を隠すもの:40代、50代だと自分の体形に自信が持てなくなるものです。それため、サイズを隠すようにダボダボの服装、例えばダボダボでサイズの合わないジャケットの上に、ダボダボのニットやセーターを着ていると、自分の体型を隠しているのかなと思われます。

カラー選びが重要!

カーディガンを選ぶ時というのは、そのカラー選びも大切です。やはり、他のアイテムと合わせることを考えると、白や黒、グレーなどを選んじゃいますよね。でも、なんとなく大人の上品ファッション通販ならおしゃれができないイメージですよね。

白って、見た目も爽やかですし他の色とも合わせやすいですけど、ちょっとぽっちゃりして見えるんですよね。おまけに、白って目立つ色だから、他の色が目立たないんですよね。これでは、意味がありません。また、黒やグレーだとシックには見えますが、若々しさという点ではあまり感じられません。自由なカラーでおしゃれをしたいという人には不向きと言えます。

では、どんなカラーならいいのかというと、それはベージュとクリーム色です。明るすぎもせず、だからといって暗すぎもしないので、あらゆるカラーと合わせやすいのです。

ベージュはブラウンに白を混ぜたもので、クリームというのはイエローに白を混ぜたものです。どちらも上品で、柔らかな印象があるので女性らしさを演出してくれますし、どんなカラーともマッチします。

それに、秋冬は濃い色のアウターを着ることもあるので、ベージュやクリームといったカラーが引き立ててくれます。カーディガンを着る時には、カラーも重視しましょう。

楽ちんスウェットで体型カバー

昨年から引き続き、今期もマタニティウェアや妊婦服を通販で買う理由はゆったり可愛い服したシルエットが流行しています。春夏も流行だった、トレーナーやパーカーなども引き続きトレンドアイテムになっており、秋冬ファッションアイテムには、スウェットアイテムが豊富に揃っています。
ぽっちゃり女子は、体型カバーを重視していると思いますがスウェットアイテムを取り入れる時も体型カバーを意識するなら断然Aラインと色のグラデーションで、着やせ効果を目指しましょう。
無地スウェットのワンピースやトップスパンツを取り入れる時は、部屋着っぽく見えないような工夫も大切です。リラックス感とだらしなさは全くの別物ですから、ワントーンコーデでまとめつつ、色のグラデーションでお洒落感を出すのがベストです。
生地の表面に、ハリ感やツヤ感のあるスウェットでトップスとボトムスで色の濃淡を出すだけでグッとオシャレに着やせも叶います。スリット入りのトップスから見えるインナーのチラ見せや襟元からカラーTシャツなどが見えているだけでも着やせ効果なんです。
ダークカラーを選びたい時は、ボトムスは台形にするなど工夫すると良いでしょう。また、モノトーンコーデも引き続きトレンドなのでスウェットでモノトーンコーデもスッキリして見えます。小物でファーや差し色を使うとなお良いですね。

大人のアウターコーデ

寒い冬を乗り切るために欠かせないアイテムが、アウターです。ただ、防寒性の高いアウターを選ぶと、どうしても着ぶくれをしてしまうと悩む人もいるでしょう。
アウターを使いながらも、大人っぽい上品なコーディネートに仕上げたい時は、シルエットのメリハリを意識しておくと良いでしょう。
全体的にゆったりとしたシルエットにすると、着ぶくれして見えるだけでなく、子どもっぽい印象を与えてしまうことがあります。しかし、ショート丈のダウンジャケットには、タイトスカートやスキニーパンツなど下半身をスッキリと見せることができるアイテムを合わせるようにすれば、大人っぽいコーディネートに仕上がります。
脚を引き締める場合に、こだわっておきたいのが靴です。
ムートンブーツなどゆったりとしたシルエットの靴を選ぶのではなく、シルエットが綺麗なショートブーツなどを活用しておくことがおすすめです。
脚先にまでこだわることで、上品な印象を与えることができます。
冬のアフターコーデで、もう一つこだわっておきたいポイントが色です。インナー、もしくはボトムスなど部分的に少し目立つ色を取り入れると、全体の印象を引き締めていくことができます。
丈が長めのダウンジャケットを着る場合でも、色の組み合わせを工夫することで大人っぽい印象に仕上げていくことができるでしょう。

大人女性のチェックシャツコーデ

チェックシャツは、チェック柄ファッションの中でも定番のアイテムです。今回は、大人女性に似合うチェックシャツとコーディネートについてご紹介します。

チェックシャツは店頭で見ると派手に感じる場合もありますが、実際に着てみると大人っぽく、シックな印象の場合も多いです。そのため、気になるチェックシャツが派手すぎないか気になったときは、まずは思い切って試着してみましょう。
チェックシャツを使ったコーデの定番はジーパンやチノパンとの組み合わせです。コーディネートを難しく考える必要がないという点でも優れた組み合わせです。しかし、中にはチェックシャツ×パンツのコーデにしっくりこないと感じる人もいるでしょう。そんな大人女性には、チェックシャツにワイドパンツを組み合わせるのがオススメ。
また、Tシャツとワイドパンツという組み合わせに、羽織としてチェックシャツを組み合わせるというコーディネートの仕方もあります。
さらに、チェックシャツにロングスカートを組み合わせれば、余裕のある大人な印象のコーディネートに仕上げることができます。このようにチェックシャツは、様々なボトムスと相性抜群な汎用性が高いアイテムなのです。
今季はぜひチェックシャツをコーデに取り入れてみてください。